忍者ブログ
男性も脱毛してすっきりするのが、はやってきました。
  ★ フリーエリア
  ★ プロフィール
HN:
otori307
性別:
非公開
  ★ ブログ内検索
  ★ アクセス解析
  ★ フリーエリア
★2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/11/14 (Wed)

脱毛剤は、ムダ毛を根元から抜き取る薬品のことです。

脱毛剤は、ムダ毛を根元から抜き取ってしまうので、とても簡単で効果的です。

脱毛剤は、毛根から抜くのではなく皮膚から出ている部分のムダ毛だけを取り除くので、除毛(じょもう)ともいいます。

脱毛剤を使うと、毛根はまだ残っているので、またムダ毛が生えてきます。

脱毛クリーム脱毛テープといった脱毛剤は、手軽にムダ毛を処理できるので、とても便利です。
女性にも人気があります。

しかし、肌を傷つけやすいので、肌荒れ、かぶれなどの原因となることがあるので、十分注意が必要です。

PR
★2007/09/26 (Wed)
脱毛も、女性ばかりではなく、最近は男性も増えてきました。

脱毛方法は、急速に進歩しています。

脱毛方法も、今ではさまざまな方法があります。

脱毛方法も、医療機関やエステサロン、自己処理などで行われ、レーザーや高周波、クリーム、ローションなど、それぞれ特徴の違う脱毛方法があります。

自分にあった脱毛方法を選んで脱毛しましょう。

ここまで来た!最新美容医学ガイド
★2007/09/26 (Wed)

エステサロンというと今までは、女性専用のものでしたが、最近では、男性エステサロンなどで脱毛するケースが増えてきました。 

そのため、メンズ専用のフロアがあるエステサロンや、完全にメンズ専用になったエステサロンが増加しつつあります。

利用者は、若い男性に広まっているという印象があります。
でも、エステサロンによって年代別のコースを設けているも多く、幅広い年齢層にあったメニューが豊富に用意されているようです。

それぞれのエステサロンによってもメニューは違いますが、その中には美顔やヘアケアなどいろいろなメニューがあります。
その中でも人気のあるメニューが脱毛です。

毛深い方やカミソリ負けする男性が、この脱毛を多く利用しているようです。

男性脱毛できるエステサロンが増えています。
毎日のひげ剃りが大変と感じる方は、一度エステサロンなどに行ってみるのも良いでしょう。

★2007/09/25 (Tue)

脱毛に、脱毛剤を使わないと、実は肌に危険なことがあります。

たとえば、脱毛剤を使わずに自分でピンセットやカミソリなどでムダ毛の処理をする場合、思わぬ肌のトラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。

自分でムダ毛を抜く場合、毛抜きですることが多いわけですが、毛根付近まで抜ければ処理効果は高くなります。
もちろん痛みがあります。
また、抜き方によっては、毛穴が鳥肌状のブツブツになったり、肌に毛が詰って「埋没毛」になる可能性があります。

脱色剤は色々な種類がありますが、脱色剤の使用は、ブリーチなど毛を溶かして脱色するだけはなく、タンパク質でできている肌そのものを一緒に溶かしてしまうため、炎症などの肌荒れを起こしやすくなります。
また、毛根から抜くわけではないので、こまめに手入れをしないとまたすぐに毛が伸びてきます。

カミソリは、肌に出ているムダ毛を一時的に剃って無くすだけなので、すぐにまた生えてきます。
処理後は、毛の断面が太くなり、次第に太く濃い毛に変わってしまいます。
また、ムダ毛を剃る際には、表皮も削られるため、傷ついた毛穴から化膿することもあります。
そして、赤く化膿した毛穴がポツポツとできて目立つようになる可能性もあります。

このように肌のことを考えた場合、脱毛剤を使わないと、思わぬ肌トラブルに見舞われる可能性があります。

脱毛剤も、この危険性を見事に回避している脱毛剤を選んで上手に利用しましょう。

★2007/09/20 (Thu)

脱毛剤にもいろいろありますが、脱毛クリームを紹介します。
脱毛クリームは、一般的にクリームにアルカリ性の成分を利用し、毛を溶かすものです。
脱毛クリームやムースを塗ったあと、しばらくつけ置きしてから洗い流し、またはふき取ります。

痛みもまったくなく手軽に利用できます。
しかし、アルカリの化学作用によって毛を溶かすので、肌の弱い人はかぶれたりすることがあるので注意が必要です。
また、肌の表面上に出ている毛を溶かすものなので、毛根までは溶かさないので、またすぐに毛が生えてきます。

脱毛クリームのメリットは、カミソリなどで剃るのに比べて、毛の先端が太くならないので毛が濃くなったように見えることがありません。
痛みもまったく無く簡単に処理することができます。

デメリットとしては、アルカリの化学反応によってタンパク質を溶かすので、肌の弱い方には肌のトラブルになりやすいという点があります。
また、塗ってから長い時間放置すると肌に炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

脱毛クリームを使用する前に、自分の肌とクリームの相性を確かめるパッチテストを行い、自分にあったものを必ず選んで使うようにするとよいでしょう。

忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao